うんこ川柳って娯楽コスパいいんすよ。しかも頭の回転がよくなって給料もあがるかもしれないっていう。

ブログ

18年09月06日 19時51分

リアルでうんち連呼する甥っ子がとても幸せそうw



先日一緒にいた甥っ子が突然

「うんち〜、うんち〜」って叫ぶんですよ!しかし母である妹は涼しい顔をしてるんですよね。

「え?どうする?」って聞いたら(アセアセ)

「あ〜、最近よく言うんだよね〜。言うだけだからほっといていいよ」

ほっとけないがなwww

誰だって普通「うんち」ってワードに反応するじゃないですか。しかも敏感に。自分のお腹じゃなくても急ぐって。

え〜!びっくり。なんでも、甥っ子のマイブームらしくて、突然うんち連呼するんです(笑)

微笑まし〜wとか思っていたんですが、冷静に考えたら、



甥っ子今年で42歳なんですよね・・・w



うそ(笑)
4歳くらいかな?


まあそんな調子なものだから、その都度

「微笑まし〜www」なんて思って、ガン無視wしてたら、(無視メンゴ > 甥っ子)

「うんち〜ほんとのうんち〜」って

運転中だったものだから、速攻コンビニ探して事なきを得ました。w

その時はハラハラしましたが、まあ感じたのは

「甥っ子にとってウンチは、明石家さ○まさんと同じなんだよね。笑わしてくれる存在っていう意味では」
「明石家さん○さんには会えないけれど、ウンチは毎日会えるし、甥っ子のお笑いコスパ良すぎw」


うんこで笑える余裕がサラリーマンを救う。うんこ川柳は大人のトイレトレーニング



有り体にいえば、童心に変えるっていうか。

まあ、1000%邪険にされるウンチですが、甥っ子からしたら明石家○んまさんなわけで、

「視点を変えてみれば新たな発見がある」ことを証明してくれてるわけですよ。甥っ子くんは。

年を重ねること、経験を積むことは素晴らしいことですが、一方で、考え方や物の見方が固定化されることもある。

固定概念を外すという作業はなかなか一筋縄ではいきません。
うんこ川柳がその訓練の場になるというわけです。

うんこって一口にいっても様々あるわけで、色や形、においといった部分で切り取るのか。
はたまた朝のラッシュアワー、うんこを巡る攻防を繰り広げる人間模様を描くのか。
邪険にされるうんこの気持ちになりきってみるというのもいいですね。

視座を複数持つトレーニング、いうなれば大人のトイレトレーニングとでもいいましょうか。

(便座じゃないよw)


うんこの川柳が、柔軟な思考回路を取り戻させてくれるかもしれませんね?

「ルーティングワークばっかりでつまんねえな俺の人生」というサラリーマンは、ぜひうんこ川柳で新たな視座を獲得してくださいね。
仕事にやる気がでて給料アップするかもしれませんから!

(運営担当)